top of page

造園工事

更新日:2022年4月30日

高崎の家では造園工事が進んでいるようです。

お施主さまが工事中のお写真を送ってくださいました。

入口からの急斜面に木の階段が3段ほど作られて、芝が植えられた踏面も今後、良い感じに育っていきそうです。

これはフィンランドのアアルトが設計したセイナッツアロの村役場の裏玄関の木製階段を模したようになっていて、自然木が人工の建築を和らげてくれています。

(実際の階段は段差がすごく高くて人の出入りに使われているものではないのですが)


前川國男さん設計の熊本県立美術館や埼玉県立博物館にもレンガで積まれた階段状のボリュームがアイストップになり建物との中間領域を作ってくれていますが、建築とその周辺環境を考えることはとても楽しい事のひとつです。




Comments


bottom of page