高崎の家”Gable House" 上棟式


先日、昨年10月より設計を進めていました高崎の住宅が無事、上棟式を迎えました。前橋の株式会社ヤマイチさんとのお仕事で、以前もご紹介しました急斜面の敷地に計画しています。お話しを聞くと、以前もこの場所に計画をしようとして断念された方がいるとか。

私もこの敷地を初めて訪れた時から基本設計完成まで悩みに悩みましたが、何よりこの敷地のもつ魅力と建物の中で過ごされるクライアントの豊かな生活を思い描き設計に挑みました。駐車場の位置や景観上、造成の面積や擁壁の高さまで規制があり、また予算も当然あるわけで、全てを考慮して設計しなければいけませんでした。

平坦な土地では、外構設計は建物が終わったあと。でもこの場合は同時進行です。現場監督も造成業者さんも、よく手がかりが少ない中、位置や高さを計測して施工してくれました。

山の中にぽつんと佇む小さな家というイメージ通り、クライアントの方に赤毛のアンのお話しを聞き、原作名でもある、Green Gables からGable House と名付けました。これから竣工の秋に向けて、大工さんやいろんな職方による工事が進行していきます。先日、上棟式の時には木製サッシから見える赤城山麓の姿がとても綺麗でした。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示