映画の中の台所

今回も私の大好きな映画の中の食事風景

※映画の中のお気に入りは多すぎて要注意


こちらの作品は”めがね”

萩上直子さんの作品


光石研演じるユージの営む宿に、小林聡美演じるタエコがたどり着く。

ここには東京から遠くはなれた違った時間が流れている。

最初はとまどいながらも心地よい時間に身をゆだねて、、、


そんな宿の朝食の風景

ご飯にお味噌汁、焼き鮭に卵焼き、、そして梅干し。

パンに珈琲、サラダにスクランブルエッグ。


こんな食べる事を大切にしている時間が心地よい風景


2枚目はもたいまさこ演じるサクラさんのかき氷屋さん

”氷ありますよ。”そんな言葉に誘われてふらふらとかき氷を食べに行きたい。

食べながら海をぼ~~~と眺めたい。

この映画を見ると八重山に行った一人旅を思い出します。





この小屋。建築的にみると掘っ立て柱で伊勢や出雲建築に通ずる原始的な造りにも興味がわきます。外壁も冬の時期は板戸をはめ込んで雨戸形式のように仕舞う事ができるんです!

柱と梁の組み方も竪穴式住居の様な縛って組んでいて面白い。

あ~~小屋が作りたい。



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示