top of page

マンションリノベーション近況

現在、設計中の1つ、マンションリノベーションの近況ですが、改修前のお住まいを詳細調査しながら図面に落し込んでいます。その上で改修後のプランニングに影響の出る箇所やそれぞれの納まりを詰めていく作業が何よりも大切な作業になります。


というのは、我々の目指すリノベーションは温熱環境も快適にしようという考えに基づいているためです。今回のリノベーションは30年以上も前のマンションですので、断熱材も入っていない箇所があります。当然、断熱材を新しく吹き付けるとその分の厚みや壁の下地分だけ室内が狭くなります。床も壁も天井もしかりです。


そのため、建具の大きさや部屋の間取りを考える緻密な設計作業になります。

我々設計者はいくつもの案件や実例を見て、部屋の広さ、使い勝手を体験して、どの寸法がどの様な空間が心地よいと感じるのか知っています。けれど、クライアントは、今までの生活経験しかありません。いくら心地良いと思われる設計をしても、前の生活習慣や固定概念にしばられては想像は難しく新しい快適な生活に結びつかない事が多々あります。

プロに要望を伝え、お任せするなかで新しい生活を豊かにするという変化を取り入れる事も大切なのではないでしょうか。


家づくりは設計者に任せるだけでは成立しません。思いを伝えてお任せする、そして決断する事の連続作業のような気がします。成功のコツは物事に寛容になることが大切な気がします。

今回は大正期のような落ち着いた雰囲気になる空間をという事で様々な事を盛り込みながらも均整のとれた落ち着ける空間になるよう設計作業を進めています。



#マンションリノベーション

#マンションリフォーム

#大正ロマン

#漆喰壁

#木のリノベーション

#断熱改修


Commentaires


bottom of page